A6063とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】機械的性質と使い方

ここでは、A6063を使って機械部品の設計するときに必要な情報として、化学成分や機械的性質、熱処理と物理的性質などJIS規格の内容を整理しました。

また、比重やヤング率などの物理的性質や、A6063を使う上で、使い方や加工性や溶接性などについての注意事項などについてもまとめました。

スポンサーリンク

A6063とは

A6063熱処理型合金Al-Mg-Si系合金

A6063は、管や形材の代表的な材質です。A6061より強度は下がりますが、押し出し性が良いので複雑な断面形状の形材が作られます。

耐食性や表面処理性も良く、サッシや配管材料などに幅広く使用されています。

A6063の強度は?機械的性質まとめ

A6063の機械的性質を下記に示します。

【A6063の機械的性質(目安値)】

材質引張性質ブリネル硬さ
(HBS 10/500)
せん断強さ
(N/mm2
疲れ強さ
(N/mm2
引張強さ
(N/mm2
耐力
(N/mm2
伸び(%)
1.6mm厚
(50mm)
12.5mm径
(5D)
6063-O9050257055
6063-T11509020429560
6063-T41709022
6063-T5185145126011570
6063-T6240215127315070
6063-T83255240982150
6063-T8312051851070125
6063-T8322902701295185

ここにあるA6063の機械的性質はあくまで目安値となります。実際にはサイズや条件により大幅に変化しますのでご注意ください。

規格値については、下記のJISにて、質別や材料寸法によってA6063の機械的性質が詳細に規定されていますので必要に応じてJISにてご確認ください。

A6063の物理的性質

A6063の物理的性質は下表のとおりです。これは代表値ですのでご注意ください。
【A6063の物理的性質)】

物理的性質条件物性値
密度[g/cm3]温度:20℃2.69
比重温度:20℃2.69
溶融温度範囲[℃]615~655
導電率[IACS%]質別:O
質別:T5
質別:T6
58
55
53
熱伝導度[kW/(m・℃)] 25℃質別:O
質別:T5
質別:T6
0.22
0.21
0.20
縦弾性係数(ヤング率)[GPa]質別:O
質別:T5
質別:T6
68.3
横弾性係数[GPa]質別:O
質別:T5
質別:T6
25.8
ポアソン比質別:O
質別:T5
質別:T6
0.3
線膨張係数[10-6/℃]-196~-60℃16.0
-60~+20℃21.8
20~100℃23.4
100~200℃24.3
200~300℃25.2

A6063の成分

A6063の成分は下記のとおりです。
【A6063の化学成分(%)]

SiFeCuMnMg
0.20~0.60.35以下0.10以下0.10以下0.45~0.9
CrZnV,Bi,Pb,Zr,
Niなど
Tiその他Al
個々合計
0.10以下0.10以下0.10以下0.05以下0.15以下残部

A6063の関連規格

A6063は下記のJIS規格で規定されています。

規格番号規格名称A6063の規定有無
JIS H4000アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条
JIS H4040アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線
JIS H4080アルミニウム及びアルミニウム合金継目無管
JIS H4100アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材
JIS H4140アルミニウム及びアルミニウム合金鍛造品

A6063の使い方ワンポイント

A6063の特徴は下記のとおりです。

合金質別耐食性耐応力腐食割れ性成形性切削性ろう付け性溶接性鍛造性
ガスアルゴン抵抗
6063T 5AACCAAAA
6063T 6AACCAAAA

優:A→B→C→D:劣(切削性のみ:優:A→B→C→D→E:劣)

A6063の使い方

A6063は、強度はあまり高くありませんが、耐食性が純アルミなみに良い材料です。

アルミサッシなどの大型の建材に使用されるため、生産量は非常に多い材質です。

機械部品に使用されるパイプ類については、A6063が多用されます。

溶接性、ろう付け性も良好で、O材であれば成形性も良く、パイプ材で端末加工や曲げ加工したのちに熱処理して自動車用配管などにも使用されます。

この記事を書いた人
DD

機械設計の仕事をしているエンジニアのDDと申します。
技術士(機械)の資格をもっています。
このブログでは、機械技術から日常の中の科学まで、私が興味を持ったことをできるだけ解りやすく紹介しています!

DDをフォローする
アルミニウム材料金属材料
スポンサーリンク
機械技術ノート

コメント