加工

アルミニウム

A3004とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】機械的性質と耐食性

ここでは、A3004を使って機械部品の設計するときに必要な情報として、化学成分や機械的性質、熱処理と物理的性質などJIS規格の内容を整理しました。 また、比重やヤング率などの物理的性質や、A3004を使う上で、使い方や加工性や溶接性な...
アルミニウム

A1100A(A1N00)とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】使い方も

ここでは、A1100A(A1N00)を使って機械部品の設計するときに必要な情報として、化学成分や機械的性質、熱処理と物理的性質などJIS規格の内容を整理しました。 また、比重やヤング率などの物理的性質や、A1100A(A1N00)を使...
アルミニウム

A1230A(A1N30)とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】機械的性質と使い方

ここでは、A1230A(A1N30)を使って機械部品の設計するときに必要な情報として、化学成分や機械的性質などJIS規格の内容を整理しました。 また、比重やヤング率などの物理的性質や、A1230A(A1N30)の使い方や耐食性、加工性...
アルミニウム

A1200とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】機械的性質と使い方

ここでは、A1200を使って機械部品の設計するときに必要な情報として、化学成分や機械的性質などJIS規格の内容を整理しました。 また、比重やヤング率などの物理的性質や、A1200の使い方や耐食性、加工性や溶接性などについてもまとめまし...
アルミニウム

A3103とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】機械的性質と使い方

アルミニウム合金A3103で機械部品設計を行うために、機械的性質、比重、ヤング率、などの物理的性質や、使う上での注意事項などの情報をまとめました。 A3103とは A3103 非熱処理型合金 Al-Mn系合金 ...
加工

溶接の種類と使い分け【機械設計者向けの勘所】

溶接の種類はとても多く、どんな溶接方法を選んだら良いのか判らない人も多いと思います。 図面に溶接記号を書けば、あとは職人さんが上手いことやってくれるよ。 ってことも実際多いのですが、そんな考えでいると、大きなトラブルになることも...
加工

浸炭焼入とは?設計者のための材料や硬度とひずみの考え方

浸炭焼入れははだ焼入れとも言い、機械部品には欠かせない熱処理の方法です。 ここでは、浸炭焼入れを適用した機械部品を設計するために必要な情報をまとめました。 浸炭焼入れとは 浸炭焼入れとは、鉄鋼の表面硬化法の一つで、表面に炭素を拡散させ...
加工

ゴムの加硫接着とは?焼付工程や設計のポイント

ゴムの加硫接着(ゴム焼付)は、未加硫のゴムを金属などの異種材と強固に一体化したい時に使用されます。 加硫後のゴムを接着剤で固定するよりも高強度の接着が可能です。 加硫接着の工程 工程の流れは下記のようになります。 金...
スポンサーリンク