SUS304の板厚規格と公差や流通性【設計者向け】

SUS304の板厚について、規格や流通性、公差などについてまとめました。

スポンサーリンク

SUS304の板厚規格

SUS304の流通性のある標準板厚は下記のとおりです。

熱間圧延で作られ光沢の無いno1仕上げと、冷間圧延で作られる2B仕上げが多く流通しています。

注:仕上げ方法

No.1 JIS G4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

光沢無し。熱間圧延後、焼鈍、酸洗して仕上げたもの。

 

2B 「JISG4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」

やや光沢がある。冷間圧延(スキンパス圧延)にて仕上げたもの。

JIS G4304 no1仕上げ

板厚[mm]規格流通性
2.0
2.5
3.0
3.5
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0
12.0
14.0
15.0
16.0
18.0
20.0
22.0
25.0
28.0
30.0
32.0
35.0
38.0
40.0
45.0
50.0
55.0
60.0
65.0
70.0

JISG4305 2B仕上げ

板厚[mm]規格流通性
0.3
0.4
0.5
0.6
0.7
0.8
0.9
1.0
1.2
1.5
2.0
2.5
3.0
3.5
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0
12.0
15.0
20.0

SUS304の板厚公差

「JISG4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」による板厚公差は下記のとおりとなっています。(記号A)

更に幅の多いサイズや、その他の記号による公差規定もありますので、JISを参照ください。

板厚[mm]幅[mm]
1000未満1000以上
1250未満
1250以上
1600未満
2.00以上 2.50未満±0.25±0.3
2.50以上 3.15未満±0.30±0.35±0.40
3.15以上 4.00未満±0.35±0.40±0.45
4.00以上 5.00未満±0.40±0.45±0.50
5.00以上 6.00未満±0.50±0.55±0.60
6.00以上 8.00未満±0.60±0.65±0.65
8.00以上 10.0未満±0.65±0.65±0.65
10.0以上 16.0未満±0.70±0.70±0.70
16.0以上 25.0未満±0.80±0.80±0.80
25.0以上 40.0未満±0.90±0.90±0.90
40.0以上 63.0未満±1.0±1.0±1.2
63.0以上 100未満±1.1±1.2±1.3
100以上 160未満±1.3±1.3±1.4
160以上 200未満±1.6±1.6±1.7

 

「JISG4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」による板厚公差は下記のとおりとなっています。

「板の厚さの許容差」

板厚[mm]幅[mm]
1250未満1250以上
1600未満
0.16以上 0.25未満±0.03
0.25以上 0.30未満±0.04
0.30以上 0.60未満±0.05±0.08
0.60以上 0.80未満±0.07±0.09
0.80以上 1.00未満±0.09±0.10
1.00以上 1.25未満±0.10±0.12
1.25以上 1.60未満±0.12±0.15
1.60以上 2.00未満±0.15±0.17
2.00以上 2.50未満±0.17±0.20
2.50以上 3.15未満±0.22±0.25
3.15以上 4.00未満±0.25±0.30
4.00以上 5.00未満±0.35±0.40
5.00以上 6.00未満±0.40±0.45
6.00以上 8.00未満±0.50±0.50
8.00以上 10.0未満±0.60±0.60
10.0以上 16.0未満±0.70±0.70
16.0以上 25.0未満±0.80±0.80

「帯の厚さの許容差」

板厚[mm]幅[mm]
1250未満1250以上
1600未満
0.16以上 0.25未満±0.03
0.25以上 0.30未満±0.04
0.30以上 0.60未満±0.05±0.08
0.60以上 0.80未満±0.07±0.09
0.80以上 1.00未満±0.09±0.10
1.00以上 1.25未満±0.10±0.12
1.25以上 1.60未満±0.12±0.15
1.60以上 2.00未満±0.15±0.17
2.00以上 2.50未満±0.17±0.20
2.50以上 3.15未満±0.22±0.25
3.15以上 4.00未満±0.25±0.30
4.00以上 5.00未満±0.35±0.40
5.00以上 6.00未満±0.40±0.45
6.00以上 8.00未満±0.50±0.50

SUS304についての詳しい内容はこちらもご覧ください。

SUS304CSP「JISG4313 ばね用ステンレス鋼帯」の板厚や公差についてはこちらの記事もご覧ください。

この記事を書いた人
DD

機械設計の仕事をしているエンジニアのDDと申します。
技術士(機械)の資格をもっています。
このブログでは、機械技術から日常の中の科学まで、私が興味を持ったことをできるだけ解りやすく紹介しています!

DDをフォローする
ステンレス鋼
スポンサーリンク
機械技術ノート

コメント