材料

樹脂

66ナイロン(PA66)とは?耐熱性や吸水性と使い方【機械設計】

66ナイロンについて、耐熱性や強度などの機械的性質や物理的性質、また、機械部品に適用する場合の注意事項についてまとめました。 66ナイロンとは 66ナイロンはポリアミド-66(PA-66)とも呼ばれるエンジニアリングプラスチックです。 ...
ステンレス鋼

マルテンサイト系ステンレス鋼とは【規格・溶接・強度・磁性など】

マルテンサイト系ステンレス鋼は、耐食性と強度が必要な用途に使用されます。 ここでは、マルテンサイト系ステンレス鋼の特徴、性質と、機械部品に使用する上での注意事項などについてまとめました。 マルテンサイト系ステンレス鋼とは? マルテ...
ステンレス鋼

SUS440Cとは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS440Cは、マルテンサイト系ステンレス鋼の中では最も高強度で、高い強度や硬度が必要な用途に使用されています。 ここでは、SUS440Cの特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS440Cとは? まずは、SUS440Cの特...
スポンサーリンク
ステンレス鋼

SUS420J2とは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS420J2は、マルテンサイト系ステンレス鋼の中では汎用的な鋼種で、家庭用品から工業部品まで幅広く使用されています。 ここでは、SUS420J2の特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS420J2とは? まずは、SUS4...
ステンレス鋼

SUS410とは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS410は、マルテンサイト系ステンレス鋼の代表的な鋼種であり、強度や硬度の必要な一般部品に幅広く使用されています。 ここでは、SUS410の特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS410とは? まずは、SUS410の特徴...
ステンレス鋼

SUS403とは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS403は、マルテンサイト系ステンレス鋼の中では、SUS410と並んで多用され、高強度で、特に高温での強度が必要な用途に多く使用されます。 ここでは、SUS403の特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS403とは? ま...
ステンレス鋼

SUS430とは【成分・比重・溶接性など】使い方と注意事項

SUS430は、フェライト系ステンレス鋼の中では最も一般的で、家庭用品から工業部品まで幅広く使用されています。 ここでは、SUS430の特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS430とは? まずは、SUS430の特徴と機械部...
ステンレス鋼

SUS304とは【比重・硬度・成分など】使い方と注意事項

SUS304は、ステンレス鋼の中では最も一般的で、家庭用品から工業部品まで幅広く使用されています。 ここでは、SUS304の特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS304とは? まずは、SUS304とは、どのようなものなのか...
ステンレス鋼

SUS303とは【比重・硬度・成分など】使い方と注意事項

SUS303は、快削ステンレス鋼と呼ばれ、含有する硫黄とリンによって、SUS304よりも切削性を向上させたオーステナイト系ステンレス鋼です。 ここでは、SUS303の特徴や詳細な性質についてまとめました。 SUS303とは? まず...
材料設計

応力腐食割れの原因と対策!ステンレスや黄銅の発生メカニズムは?

ステンレスや黄銅などが腐食環境にあるときに、応力腐食割れが起こることがあります。 ここでは、応力腐食割れの原因と対策や、発生メカニズムなどについてまとめます。 1.応力腐食割れとは 応力腐食割れ:(SCC:Stress Corro...
ステンレス鋼

SUS316,SUS316Lとは【比重・硬度・成分など】使い方と注意事項

SUS316は、SUS304にモリブデンを加えたもので耐食性の優れたオーステナイト系ステンレス鋼です。また、SUS316Lは炭素を減らすことで更に耐食性を向上させた材質です。 両材質とも高機能な工業品に多用されています。 ここで...
ステンレス鋼

SUS304の板厚規格と公差や流通性【設計者向け】

SUS304の板厚について、規格や流通性、公差などについてまとめました。 SUS304の板厚規格 SUS304の流通性のある標準板厚は下記のとおりです。 熱間圧延で作られ光沢の無いno1仕上げと、冷間圧延で作られる2B仕上げが多く...
ステンレス鋼

SUS304CSPの板厚規格と公差や流通性【設計者向け】

SUS304CSPの板厚について、規格や流通性、公差などについてまとめました。 SUS304CSPの板厚規格 SUS304CSPの標準板厚は、「JISG4313 ばね用ステンレス鋼帯」には規定がありません。流通性のある板厚は下記のとおり...
金属材料

IACS導電率とは【単位換算フォーム】電気伝導率・抵抗率もまとめて!

IACS導電率は、IACS(アイアックス・international annealed copper standard)が、焼鈍標準軟銅の体積抵抗率: 1.7241×10−2 μΩm を100IACS%として比率で表現した値です。 導...
スポンサーリンク