A2017とは?【強度・比重・ヤング率・硬度】機械的性質と耐食性

A2017とは、ジュラルミンとも呼ばれるアルミニウム合金です。

銅やマグネシウムを合金成分として含み、鋼材に匹敵する強度があります。

銅を含むため耐食性に劣るので、防食について配慮が必要です。純アルミをあわせたクラッド材も使用されます。

溶接性は良くないので、リベットやボルトなどでの組み立てに適しています。

スポンサーリンク

A2017の強度は?機械的性質まとめ

A2017の機械的性質を下記に示します。

A2017で強度を得るには、熱処理が必要です。熱処理は、T4(溶体化処理→自然時効)や、T451(溶体化処理→残留応力を除去するため引張加工→自然時効)が用いられます。

  • A2017-T4、-T451の機械的性質(目安値)
機械的性質条件
引張強さ[MPa]425
0.2%耐力[MPa]275
伸び[%]1.6mm厚(50mm)
Φ12.5mm(5D)10
ブリネル硬さ[HBS10/500]120
疲れ強さ[MPa]115

ここにあるのはあくまで目安値で、JIS H4000(アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条)やJIS H4040(アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線)などでは、材料寸法によって機械的性質が規定されています。

A2017の物理的性質

A2017の物理的性質は下表のとおりです。

  • A2017の物理的性質
物理的性質条件物性値
密度[g/cm3]質別:T4
温度:20℃
2.79
比重質別:T4
温度:20℃
2.79
溶融温度範囲[℃]質別:T4513~640
導電率[IACS%]質別:T434
熱伝導度[kW/(m・℃)]25℃0.13
縦弾性係数(ヤング率)[GPa](アルミニウムの標準値)70
横弾性係数[GPa](アルミニウムの標準値)26
ポアソン比(アルミニウムの標準値)0.33
線膨張係数[10-6/℃]-196~-60℃15.6
-60~+20℃21.6
20~100℃23.6
100~200℃23.9
200~300℃25.0

A2017の成分

  • A2017の化学成分[%]
SiFeCuMnMg
0.2~0.80.70以下3.5~4.50.4~1.00.4~0.8
CrZnV,Bi,Pb,Zr,NiなどTiその他Al
個々合計
0.1以下0.1以下0.15以下0.05以下0.15以下残部

A2017の耐食性は?用途と使い方

最後にA2017材を機械部品に使用する際の一般的な注意事項を挙げます。

合金質別耐食性耐応力腐食割れ性成形性切削性ろう付け性溶接性鍛造性
ガスアルゴン抵抗
2017T 4DCCBDDBB

優:A→B→C→D:劣

A2017の耐食性

A2017を腐食環境下で使用する場合、応力腐食割れについての注意が必要です。

応力腐食割れは、引張応力を受けた状態で腐食環境に置かれた場合に発生します。

高強度アルミ材の使い分け

  • A2017:ジュラルミン
  • A2024:超ジュラルミン
  • A7075:超々ジュラルミン

と呼ばれるとおり、強度は、A7075>A2024>A2017

となります。

A2017の溶接性はよくありませんが不可能ではありません。A7075は溶接は困難です。

A2017は、内部応力が高いので比較的寸法精度を出しにくいですが、A7075の方がこの点優れています。

あとは価格で選ぶことになります。

この記事を書いた人
DD

機械設計の仕事をしているエンジニアのDDと申します。
技術士(機械)の資格をもっています。
このブログでは、機械技術から日常の中の科学まで、私が興味を持ったことをできるだけ解りやすく紹介しています!

DDをフォローする
金属材料
スポンサーリンク
機械技術ノート

コメント