IACS導電率とは【単位換算フォーム】電気伝導率・抵抗率もまとめて!

IACS導電率は、IACS(アイアックス・international annealed copper standard)が、焼鈍標準軟銅の体積抵抗率: 1.7241×10−2 μΩm を100IACS%として比率で表現した値です。

導体の抵抗を示す値として扱いやすいので、金属の導電率を示す数値として使われています。

スポンサーリンク

IACS導電率の単位換算フォーム

IACS導電率を電気伝導率や抵抗率に換算するフォームを作りましたのでご活用ください。

電気伝導率や抵抗率について

電気伝導率や抵抗率はとてもいろいろな呼び方があるので整理しておきます。

電気伝導率は、電気の通りやすさを示す数値で、下記も同じ意味です。

  • 導電率
  • 電気伝導度

単位は、S/m (ジーメンス毎メートル)または、1/(Ω・m)です。

この逆数は、抵抗率で、電気のとおりにくさを示す数値となり、下記も同じ意味です。

  • 比抵抗
  • 体積固有抵抗
  • 電気抵抗率
  • 体積抵抗率

単位は、Ω・m (オームメートル)

統一した呼び方にならないものでしょうか。

 

この記事を書いた人
DD

機械設計の仕事をしているエンジニアのDDと申します。
技術士(機械)の資格をもっています。
このブログでは、機械技術から日常の中の科学まで、私が興味を持ったことをできるだけ解りやすく紹介しています!

DDをフォローする
金属材料
スポンサーリンク
機械技術ノート

コメント

  1. なかじま より:

    換算フォームの計算結果の、電気伝導率[Ω・m]は抵抗率[Ω・m]で、抵抗率[S/m]は電気伝導率[S/m]ではないでしょうか。

    • DDDD より:

      なかじま様
      ご指摘ありがとうございます。
      誤りがあり申し訳有りません。
      修正いたしました。

  2. まち より:

    抵抗率とIACS%が比例しているため、計算方法が間違っていると思います。