SUS403とは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS403は、マルテンサイト系ステンレス鋼の中では、SUS410と並んで多用され、高強度で、特に高温での強度が必要な用途に多く使用されます。

ここでは、SUS403の特徴や詳細な性質についてまとめました。

スポンサーリンク

SUS403とは?

まずは、SUS403の特徴と機械部品に適用する場合の注意事項などについてご説明します。

マルテンサイト系ステンレス鋼に共通する特徴や使い方などについてはこちらをご覧ください。

SUS403の用途

SUS403は、耐摩耗性に優れているので、工具、刃物、タービンブレード、ブレーキディスク、シャフト、ベアリングなどに使用されます。

熱処理の靭性が高く、SUS304のボルトと組み合わせるナットにも、かじり防止のためSUS403が使用されます。

SUS403のJIS規格

SUS403は、下記のJISで規定されています。

「JIS G3446 機械構造用ステンレス鋼鋼管」
「JIS G3601 ステンレスクラッド鋼」
「JIS G4303 ステンレス鋼棒」
「JIS G4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」
「JIS G4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」
「JIS G4308 ステンレス鋼線材」
「JIS G4309 ステンレス鋼線」
「JIS G4311 耐熱鋼棒及び線材」
「JIS G4312 耐熱鋼板及び鋼帯」
「JIS G4315 冷間圧造用ステンレス鋼線」
「JIS G4317 熱間成形ステンレス鋼形鋼」
「JIS G4318 冷間仕上ステンレス鋼棒」
「JIS G4319 ステンレス鋼鍛鋼品用鋼片」

SUS403の機械的性質

SUS403の機械的性質を下記に示します。

【SUS403の機械的性質】

機械的性質焼入焼戻し焼なまし
引張強さ[MPa]590以上440以上
0.2%耐力[MPa]390以上205以上
伸び[%]25以上20%以上
絞り[%]55以上
シャルピー衝撃値[J/cm2]147以上
ブリネル硬さ[HBW]170以上201以下
ブリネル硬さ[HRBS又はHRBW]87以上93以下
ビッカース硬さ[HV]178以上210以下
適用寸法(径、耐辺距離又は厚さ)75mm以下

注:JIS G4303 ステンレス鋼棒」による。硬さは上記のいずれか1種類を適用します。

SUS403の物理的性質

SUS403の焼きなまし状態での物理的性質は下表のとおりです。

【SUS403の物理的性質】

物理的性質物性値
密度[g/cm3]7.75
比重7.75

SUS403の成分

SUS403の化学成分は下記のとおり規定されています。

【SUS403の化学成分[%]】

元素含有量
C0.15以下
Si0.50以下
Mn1.00以下
P0.040以下
S0.030以下
Cr11.50 ~ 13.00

Niは、0.60%を超えてはならない。

(「JIS G4303 ステンレス鋼棒」による)

マルテンサイト系ステンレス鋼とは【規格・溶接・強度・磁性など】

SUS410とは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS420J2とは【強度・比重・硬度・成分など】

SUS440Cとは【強度・比重・硬度・成分など】

 

この記事を書いた人
DD

機械設計の仕事をしているエンジニアのDDと申します。
技術士(機械)の資格をもっています。
このブログでは、機械技術から日常の中の科学まで、私が興味を持ったことをできるだけ解りやすく紹介しています!

DDをフォローする
ステンレス鋼
スポンサーリンク
機械技術ノート

コメント